フォーナインズについて


最高純度の品質を目指して。

999.9(フォーナインズ)は、1995年に誕生した純国産の眼鏡フレームブランドです。

その名称は、純金のインゴットに刻まれている“999.9”という数字に由来します。

これは、金の純量が1000分の999.9の純度を持つことを示し、最高純度の品質という

意味があります。

フォーナインズは、この純金のように、眼鏡フレームとしての最高純度の品質を目指します。

フレームに刻まれた999.9(フォーナインズ)の刻印は、ブランド名であると同時に、

常に最高品質を追求し、お客様にご満足いただける眼鏡フレームを提供し続けていく

意思表示でもあります。

最高純度の品質を目指して。

眼鏡は道具である。

あなたは「道具」と聞いて、どのようなものを想像しますか?

もしかしたら、眼鏡とは遠いイメージを持つかもしれません。

けれども、眼鏡は見えないものを見えるようにしてくれる視力矯正器具。つまり「道具」なのです。

「道具」である眼鏡には、さまざまな要素が必要になります。

使っていて疲れないこと、壊れにくいことはもちろん、

調整のしやすさや、掛けた時の見た目と見え方のバランス。

このように眼鏡に求められるものは、すべて機能であると考えています。

パーツごとに適した素材を選び、機能を追求していくことで生まれる必然的な形、

それが美しいフォルムを形成し、ここちよい眼鏡フレームとなるのです。

「眼鏡は道具である」というコンセプトから生み出されたフォーナインズフレームの価値は、

掛けて初めてわかります。

眼鏡は道具である。

眼鏡は、暮らしと共にある。

眼鏡を日常生活の中で快適に使うには、使う人それぞれのライフスタイルや使用目的に適した

眼鏡フレームとレンズの選択が求められます。

そのために、フォーナインズは豊富なバリエーションをご用意し、お客さまと対話をすることで、

最適な眼鏡をお作りします。

多くの過程を経て、お客さまだけのために作られる1本の眼鏡は、セミオーダーに近いかもしれません。

お客さまに適したデザインや見え方、掛け心地……。

生活を共にする時間が長いからこそ、じっくりと時間をかけて、ご満足いただける眼鏡を、

一緒にお作りしたいと考えています。

日常生活の中で、ここちよく眼鏡をお使いいただくことは、ここちよく暮らすことでもあるのです。

眼鏡は、暮らしと共にある。