メタルフレーム


適材適所の素材配置。

フォーナインズのメタルフレームには、チタンが使用されています。

軽量かつアレルギーフリーの素材は、毎日の使用でも快適です。

眼鏡フレームでは、パーツごとに力のかかり方や、求められる強度(柔軟性)も、異なるもの。

一言にチタンといっても、純チタン、ベータチタン、チタン合金など、使用箇所に応じた、

最適な素材が配置されています。

適材適所の素材配置。

力の吸収・分散。

眼鏡を掛けているときはもちろん、掛け外しの際にもフレームには力がかかります。

素材配置や構造によって、負荷を効果的に吸収・分散できるよう、それぞれのパーツを設計。

レンズに対しての環境も同じ。フレームにかかる負荷が直接レンズに干渉しない、ダブルフロント構造など、

眼鏡使用時の力の吸収・分散を、徹底して計算しています。

力の吸収・分散。

最適な掛け心地を求めて。

フォーナインズフレームを代表する構造の一つでもある、逆Rヒンジ。

眼鏡の型崩れを防ぐ機能だけでなく、緩やかな曲線を描くテンプルパーツと共に、

まるで頭部を包み込むような、快適な掛け心地を生み出します。

バランサー、蛇腹、レイヤードブロウなど、逆R同等の機能性を持った構造も、

それぞれ求められるフレームバランスに適応するように採用されます。

>>
Four Nines メタルフレームはこちらからもご覧いただけます。(Four Nines Official Web Site)

最適な掛け心地を求めて。